コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無塩 ブエン

デジタル大辞泉の解説

ぶ‐えん【無塩】

塩けのないこと。塩を用いないこと。
《塩を使っていないところから》生(なま)であること。新鮮であること。また、そのもの。
「ここに―の平茸(ひらたけ)あり」〈平家・八〉
人ずれのしていないこと。また、その人。うぶ。
「―のお娘(むす)の手いらずを」〈人・梅児誉美・初〉
《中国、戦国時代斉の宣王の夫人鍾離春が、山東省無塩の出身でたいへん醜かったところから》醜い女。無塩君。
「押し売りに―の后斉(せい)へ来る」〈柳多留・二〉

む‐えん【無塩】

塩分を含まないこと。塩けのないこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶえん【無塩】

塩気のないこと。生なまのままで塩漬けしてないこと。特に、魚介類が新鮮であること。 「何も新しきものを-といふと心得て/平家 8
鮮魚。生魚。 「こいつは-だ/滑稽本・膝栗毛 3
無垢なこと。うぶな人。 「 -のお娘の手いらずを/人情本・梅児誉美
〔中国、斉の宣王の夫人が醜く、出身地の地名から無塩女と呼ばれたことから〕 醜い女。醜女。 「 -のお多福お目出たい先払/柳多留 82

むえん【無塩】

塩分を含んでいないこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

無塩の関連キーワード減塩調味料(塩分調整食品)の塩分量トラピストクッキーフレッシュバタートマトペーストトマトピューレ無塩・塩分ゼロチャンポンめんアイスクリームカボチャの種塩谷大四郎無遊離塩酸有塩バター糸球体腎炎ピューレ練り製品無胃酸症リンゴ酸すんき漬還元牛乳ぶえん

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無塩の関連情報