春日八郎(読み)かすが はちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「春日八郎」の解説

春日八郎 かすが-はちろう

1924-1991 昭和時代後期の歌手。
大正13年10月9日生まれ。昭和23年キングレコードの第1回歌謡コンクールに入賞し,27年「赤いランプの終列車」でデビュー。レコード化された曲は400をこえ,おもなヒット曲に「お富さん」「別れの一本杉」「長崎の女(ひと)」などがある。平成3年10月22日死去。67歳。福島県出身。東洋音楽学校卒。本名は渡部実。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android