春秋高し(読み)しゅんじゅうたかし

故事成語を知る辞典の解説

春秋高し

年齢が高いこと。

[由来] 中国で昔から使われていた表現。たとえば、「韓詩外伝―一〇」には、次のような話が載っています。紀元前三世紀の初めごろ、戦国時代の中国でのこと。せいという国の貴族、もうしょうくんが、きゅう先生という人物に面会を求められて、「あなたは年老いて、『春秋高く(年齢も高く)』、もの忘れも激しいのに、何を教えてくださろうというのですか」と言いました。すると、楚丘先生が、私は肉体的には衰えていても精神的にはまだ壮年だ、と怒ったので、孟嘗君は平謝りに謝ったということです。「春秋」とは、一年間のことを指します。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅんじゅう【春秋】 高(たか)

年老いている。年齢が高い。春秋長ず。〔布令必用新撰字引(1869)〕 〔戦国策‐秦策下・孝文王〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android