春秋に富む(読み)しゅんじゅうにとむ

故事成語を知る辞典の解説

春秋に富む

年齢が若くて、まだ将来が長いこと。

[使用例] 主上はいまだ春秋に富ませ給う御事なれば、なおいましばらくは御在位の事を乞い願い奉る[松本利昭*春日局|1988]

[由来] 中国で昔から使われてきた表現。たとえば、「史記しんこう紀」には、次のようなエピソードがあります。紀元前三世紀の終わり、秦王朝の始皇帝が亡くなったあとのこと。新たに即位した二世皇帝に向かって、ちょうこうという大臣は「陛下は『春秋に富む(将来の年月が長い)』ので、臣下たちと一緒に政治を行って失敗をし、権威に傷が付くといけません」と言って、政治に関わらせないようにしたそうです。その結果、政治は混乱し、秦王朝は滅亡してしまうことになります。なお、「春秋」とは、一年間のことです。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅんじゅう【春秋】 に 富(と)

年齢が若く、将来に長い年月を持っている。
※菅家後集(903頃)九日後朝、同賦秋思「君富春秋臣漸老、恩無涯岸報猶遅」
※菊池君(1908)〈石川啄木〉二「今の若い者は、春秋に富んで居る癖に」 〔史記‐斉悼恵王世家〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android