コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春記 しゅんき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

春記
しゅんき

藤原資房 (1007~57) の日記。資房が長く春宮 (とうぐう) 権大夫の職にあったことからこの名がある。また彼が京都小野宮に住んでいたことから資房の1字と合せ『野房記』とも呼ばれる。長暦2 (38) 年から天喜2 (54) 年までの部分が断続的に現存している。祖父の実資は『小右記』の記主として知られるが,祖父以来の伝統を受継ぎ,記事が豊かで,平安時代中期を代表する日記の一つ。『史料大成』『丹鶴叢書』所収。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅんき【春記】

参議兼春宮権大夫藤原資房(1007‐57)の日記。官名〈春宮権大夫〉により《春記》といい,《資房卿記》とも,家号〈小野宮〉と諱(いみな)から各1字をとって《野房記》とも称する。1026年(万寿3)より54年(天喜2)までの記事を存するが,中間を多く欠く。記事は具体性に富み,資房自身の感慨を率直に表すこともままあり,当時の公家の日記の中で際だった特徴を見せている。平安時代書写の宮内庁書陵部所蔵本8巻のほか数種の古写本が伝存する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

春記の関連キーワードどくとるマンボウ赤木 志津子山本 直純三橋 一夫乾 信一郎荻野目慶子望月さと子鳴山 草平コクトー小松左京内田 巌鳴山草平三橋一夫高野秀行長谷寺北杜夫羽田真定朝今様

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春記の関連情報