小野宮(読み)おののみや

世界大百科事典 第2版の解説

おののみや【小野宮】

平安時代の邸宅。平安京の烏丸小路の西,冷泉小路の北にあり,1町の広さをもった。もと文徳天皇皇子の惟喬(これたか)親王の邸があり,彼が小野親王と呼ばれたところから小野宮の名がついた。その後,摂関藤原実頼の領するところとなり,このため実頼の系統を小野宮家と称し,九条家(流)と対比された。実頼からこの家を伝領したのは養子(実は孫)の藤原実資(さねすけ)であった。実資の日記《小右記》に,この邸のことが散見し,いかに造作に意を用いているかがわかる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おののみや【小野宮】

平安京の、大炊御門南、烏丸西にあった邸宅。文徳天皇の皇子で小野宮と呼ばれた惟喬これたか親王が隠棲したことからこの名があるという。のち太政大臣藤原実頼さねよりが住み、小野宮殿と呼ばれたため、その子孫は小野宮家と称され、有職故実家として知られた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小野宮
おののみや

平安京の邸宅。大炊(おおい)御門南烏丸(みなみからすま)西(京都市中京(なかぎょう)区)に方1町の地を占める。文徳(もんとく)天皇皇子で小野宮とよばれた惟喬(これたか)親王(844―897)が住んだためこの名がつき、のちに太政(だいじょう)大臣藤原実頼(さねより)(900―970)の第となり、孫で養子の実資(さねすけ)(957―1046)へ伝えられた。実資時代の小野宮は典型的な寝殿造(しんでんづくり)で、寝殿の南に池、東・西・北に対屋(たいのや)があり、池の南東には念誦(ねんず)堂がつくられ名第として有名だった。実資から娘千古へ譲られたのち女系で伝領され、何度か火災にあいながら鎌倉時代まで続いた。実頼が小野宮殿とよばれたため、その子頼忠(よりただ)・実資、孫の公任(きんとう)・資平(すけひら)などの家系は小野宮家(流)と称され、有職故実(ゆうそくこじつ)の家としても名高かったが、実頼の弟師輔(もろすけ)から兼家(かねいえ)、道長(みちなが)と続く九条流が摂関家の嫡流となったため平安中期以後は勢力を失った。[吉田早苗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おののみや をののみや【小野宮】

家名(姓氏)。藤原北家忠平の子実頼を祖とし、平安期に成立した公家。実頼には三人の男子があったが、三男斉敏の子実資を養子にむかえ、後嗣とした。実資は日記「小右記」や「小野宮年中行事」などを記しており、小野宮流の故実を大成した人物として著名。鎌倉期以降、家勢は衰え、もっぱら有職故実の家として重んじられた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の小野宮の言及

【惟喬親王】より

…惟高とも書き,小野宮ともいう。文徳天皇の第1皇子。…

※「小野宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android