昭君(読み)ショウクン

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうくん セウクン【昭君】

[二] 謡曲。五番目物。各流。作者未詳。古名「王昭君」。唐土の漢王は、胡国との和平のために寵姫(ちょうき)王昭君を胡王韓邪将(かんしょう)に送る。里人が、嘆いている昭君の父白桃と母王母を慰めに行くと、老父母は昭君の形見の柳を鏡に映す。すると鏡の中に昭君の霊と胡王の霊が現われる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報