コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五番目物 ゴバンメモノ

デジタル大辞泉の解説

ごばんめ‐もの【五番目物】

正式な五番立ての演能のさいに最後に置かれる曲。鬼畜天狗(てんぐ)・神体などをシテとするものが多い。切能物(きりのうもの)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ごばんめもの【五番目物】

能の種別の名。五番立分類(江戸時代の1日の番組編成基準に基づく分類法)で第5番目に置かれる能。切能物(きりのうもの)とも言い,すべて太鼓が加わり,速いテンポで演じる。天狗物の《鞍馬天狗》《是界(ぜがい)》,鬼退治物の《紅葉狩》《大江山》,鬼畜物の《昭君》《鵜飼》《ぬえ)》など,鬼や天狗が登場する曲のほか,猛将主人公の《項羽》《船弁慶》《熊坂》,貴人や女菩薩が主人公の《(とおる)》《当麻》,祝言性のつよい《石橋(しやつきよう)》《猩々(しようじよう)》も含まれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ごばんめもの【五番目物】

五番立ての演能で最後に演ぜられる曲目の総称。 → 切能きりのう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の五番目物の言及

【能】より

…それが江戸時代になると,式楽として四座一流に平等に割りふるという理由もあってか,一日5番の五番立てが正式の番組となった。この五番立ての番組編成のために,各演目は脇能物(初番目物(しよばんめもの))から五番目物までの5曲籍に配された。曲籍は,番組編成の指針であると同時に,演目の分類ともなっているし,また演出の大まかなめどともなる。…

【野守】より

…能の曲名。五番目物。鬼物。…

※「五番目物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

五番目物の関連キーワード烏帽子折り・烏帽子折土蜘/土蜘蛛(演劇)善界・是界・是我意絃上・玄象切能・尾能海人・海士須磨源氏春日竜神殺生石祝言能羅生門松山鏡望月歌占尾能絃上海人大会国栖野守

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android