コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呼韓邪単于 こかんやぜんうHu-han-ye Chanyu; Hu-han-yeh Ch`an-yü

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呼韓邪単于
こかんやぜんう
Hu-han-ye Chanyu; Hu-han-yeh Ch`an-yü

[生]?
[没]前31
東匈奴(→匈奴)の単于在位前58~前31)。兄の郅支単于と戦って敗れ,前(→)にくだってその援助を求めたため,前51年に匈奴は東西に分裂した。前漢が郅を討ったのち,モンゴル本土に帰って漢と和平を保ち,王昭君を妻とした。なお,単于位の継承に関する内紛から第22代単于の蒲奴(ほぬ)と対立して後漢にくだり,匈奴の南北分裂を招いた彼の孫,南匈奴初代の単于も呼韓邪単于(在位 48~55)と称した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こかんや‐ぜんう【呼韓邪単于】

[?~前31ころ]匈奴(きょうど)単于。兄の郅支単于(しつしぜんう)と争い、東匈奴を率いてにくだった。匈奴との戦いに苦しんでいた漢はこれを受け入れ、妃として王昭君を与えた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

呼韓邪単于【こかんやぜんう】

前漢末期,東匈奴(きょうど)の単于(皇帝,在位,前58年―前31年)。兄の【しっ】支(しっし)単于と争い,敗れた後前漢に降って援助を求めた。【しっ】支単于西遷の後,モンゴル本土を回復。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こかんやぜんう【呼韓邪単于】

?~前31) 匈奴きようどの単于。兄の郅支しつし単于と匈奴を東西に二分して対立。漢が郅支を滅ぼすと、王昭君を妻に迎え、漢と友好関係を結んだ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呼韓邪単于
こかんやぜんう
(?―前31)

東匈奴(きょうど)の単于(在位前58~前31)。匈奴が分裂して数人の単于がたったときの1人で、兄の(しっし)単于と争って敗れ、前漢に降(くだ)って援助を求めた。支が西遷したのちモンゴル本土に帰って前漢と和親関係を保ち、王昭君を降嫁された。
 なお、孫に、南匈奴初代の単于、呼韓邪単于(在位48~55)がいる。彼は単于位の継承に関する内紛から、単于の蒲奴(ほぬ)と対立して後漢(ごかん)に降り、このため匈奴は南北に分裂した。彼に率いられた南匈奴の諸部族は、オルドスを中心とする地域に居住して漢の北辺の防備にあたったが、これが後の五胡(ごこ)十六国の混乱の一遠因となった。[護 雅夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の呼韓邪単于の言及

【王昭君】より

…名は牆(しよう),昭君は字。《漢書》匈奴伝によると,前33年匈奴との親和政策のために呼韓邪単于(こかんやぜんう)に嫁がされ,寧胡閼氏(ねいこえんし)と呼ばれて1男を生んだが,呼韓邪が死ぬと正妻の長子復株累(ふくしゆるい)単于と再婚して2女を生み,その地で死んだとある。彼女の話は後世多分に潤色されてさまざまな哀話を生み,ことに元の馬致遠が戯曲《漢宮秋》を書いて以後,彼女は悲劇のヒロインとして定着したきらいがあるが,《漢書》の記録が史実のようである。…

【匈奴】より

…新(しん)の王莽(おうもう)は烏桓(うがん)族の匈奴への納貢を妨げるなど,匈奴の恨みをかうことが多く,匈奴はまた中国に侵略したが,後漢の初め(48)匈奴内に内争がおこり,日逐(じつちく)王比は自立して単于となり,諸部を率いて後漢の光武帝にくだった。彼もまた呼韓邪単于と号し,許されて長城内に移り住み,その諸部は後漢の雲中など諸部に分かれ住み,中国の守備に任じた。これを南匈奴と称し,モンゴリアにとどまった従来の匈奴を北匈奴と称した。…

※「呼韓邪単于」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

呼韓邪単于の関連キーワード総合年表(北・東・東南アジア)漢の時代(年表)宣帝[前漢]宣帝昭君

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android