時の花(読み)ときのはな

精選版 日本国語大辞典「時の花」の解説

とき【時】 の 花(はな)

① その時節にふさわしい花。今を盛りと咲き誇っている花。四季おりおりの花。
※万葉(8C後)二〇・四四八五「時花(ときのはな)いやめづらしもかくしこそ見(め)し明らめめ秋立つごとに」
② 能で世阿彌が説いた舞台効果の一つ。二四、五歳頃の演者が若い声と体格とに恵まれた時期に当たって発する芸の美しさ、おもしろさ。時分の花。
※わらんべ草(1660)二「七字の大事に、身のほどをしれと云も是なるべし、たとへば、時分の花、時の花と云事あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「時の花」の解説

とき‐の‐はな【時の花】

その時節に咲く花。その時節にふさわしい花。
「―いやめづらしもかくしこそあきらめめ秋立つごとに」〈・四四八五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション「時の花」の解説

ときのはな【時の花】

福岡の日本酒。蔵元は「時の花酒造」。現在は廃業は朝倉市甘木にあった。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android