コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時田則雄 ときた のりお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

時田則雄 ときた-のりお

1946- 昭和後期-平成時代の歌人。
昭和21年9月24日生まれ。昭和39年郷里北海道帯広市の「辛夷(こぶし)」同人となり,平成4年編集発行人。札幌の「潭(たん)」にもくわわる。帯広郊外で農業をいとなみながら,「一片の雲」(昭和55年角川短歌賞),「北方論」(57年現代歌人協会賞),「巴旦杏」(平成11年短歌研究賞)などを発表。21年「ポロシリ」で読売文学賞詩歌俳句賞,芸術選奨文部科学大臣賞。帯広畜産大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

時田則雄の関連キーワードキング・クリムゾンマキノ雅広イタリア映画新藤兼人新日本文学生活保護戦争放棄トルンカホログラフィック・アートマンキウィッツ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android