コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巴旦杏 ハタンキョウ

デジタル大辞泉の解説

はたん‐きょう〔‐キヤウ〕【×巴旦×杏】

スモモの一品種。実は大形で先がとがる。とがりすもも。牡丹杏(ぼたんきょう)。 花=春 実=夏》「ひと籃(かご)の暑さ照りけり―/竜之介
アーモンド別名

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はたんきょう【巴旦杏】

スモモの一品種。果実は大きい。熟すと赤い表皮に白粉を帯びて、甘い。食用。 [季] 夏。
アーモンドの別名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

巴旦杏 (アーモンド・アメンドウ;ハタンキョウ)

学名:Prunus communis
植物。バラ科の落葉小高木,薬用植物

巴旦杏 (ハタンキョウ)

植物。李の変種

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

巴旦杏の関連キーワードアーモンド(扁桃)スモモ(李)李・酸桃時田則雄白粉食用果実酸桃植物

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android