コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時重初熊 ときしげ はつくま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

時重初熊 ときしげ-はつくま

1859-1913 明治時代の獣医学者。
安政6年生まれ。東京帝大教授,農商務省獣疫調査所長。東北地方の産馬地に損害をあたえていたウマの仮性皮疽(ひそ)病の原因を究明し,治療・予防策を提示。またヒツジの腸結節の原因である寄生虫を発見した。大正2年4月19日死去。55歳。周防(すおう)(山口県)出身。駒場農学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

時重初熊の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android