コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晒し鯨 サラシクジラ

デジタル大辞泉の解説

さらし‐くじら〔‐くぢら〕【×晒し鯨】

鯨の尾羽(おば)や皮を薄く切り、熱湯をかけて脂肪分を除き、冷水にさらしたもの。酢味噌あえや味噌汁の具などにする。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

さらしくじら【晒し鯨】

くじらの尾羽(おば)(尾の部分)や本皮(皮のついた白い脂身)を塩蔵したものを薄切りにして熱湯で塩分や脂分を抜き、冷水にさらしたもの。酢みそで食べる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

さらしくじら【晒し鯨】

鯨の皮下脂肪をそぎ切りにして、熱湯で脂肪を抜き冷水にさらしたもの。普通、酢味噌で食べる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

晒し鯨の関連キーワード皮下脂肪くじら

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android