コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晩期型星 ばんきがたせい

2件 の用語解説(晩期型星の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

晩期型星【ばんきがたせい】

低温度星とも。太陽よりも表面温度が低い星の総称。星の年齢とは無関係

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ばんきがたせい【晩期型星 late type star】

太陽より表面温度が低い星の総称。低温度星とも呼ぶ。これらを晩期型というのは恒星進化の古い考え方による慣習が残ったためである。晩期型星主系列星と巨星や超巨星とにはっきりと分かれ,後者にはS型星や炭素星のようなスペクトルの特異星が見られる。これらは恒星進化の結果,星の内部で原子核熱核反応でできた新しい元素が星の表面にまで運ばれてきた結果と考えられている。【山下 泰正】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

晩期型星の関連キーワード最低温度計低温貯蔵フォボス矮星輝度温度低温超低温脆化温度アルベドの式(天文学)ウィルソン‐バップ効果

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone