コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭素星 たんそせいcarbon star

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炭素星
たんそせい
carbon star

通常のと比べると炭素組成比が明らかに大きい星。スペクトルはR型,N型。大多数は低温赤色巨星だが,高温のものも少数ではあるが発見されている。これは赤色巨星の中心核が炭素を生成しやすい条件を備えていることを示し,化学元素起源にかかわり注目される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

炭素星【たんそせい】

スペクトルに炭素(C2),シアン(CN)などの炭素化合物による吸収帯が著しく強く見られる星。星の内部でのヘリウムの核融合反応で生じた炭素が,星の表面まで混合されたためと考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たんそせい【炭素星 carbon star】

スペクトルに炭素C2,シアンCNなどの炭素化合物の吸収帯が著しく強い星をいい,温度がほぼ同じ範囲にあるM型星では酸化チタンTiO,酸化バナジウムVOなどの金属酸化物の吸収帯が強いことと対照的である。このようなスペクトルの違いは化学組成の違いによるものと考えられ,酸素が炭素よりも多いM型星では炭素はすべて安定な一酸化炭素CO分子の形成に使われてしまい,酸素のみが残され種々の酸化物を作るが,逆に炭素星では炭素が酸素より多いため炭素化合物だけができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

炭素星の関連キーワード晩期型星セッキ特異星

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android