コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普通より ふつうよりordinary lay

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

普通より
ふつうより
ordinary lay

ロープのより方の一種で,ロープそのもののよりとストランドのよりの向きを反対方向にするより方。このより方をしたロープの利点としては,(1) ストランドとロープのよりの方向が反対になっているので,より戻りがないこと,(2) 内部が強く締っているために湿気が浸入しにくいことなどがある。欠点は,(1) ロープの表面に現れる素線の長さが短く,滑車や巻胴に接触する部分が摩耗しやすいこと,(2) 素線がロープの中心線にほぼ平行して走っているので,ロープの湾曲性が比較的乏しいこと,などである。普通よりのロープはねじれや形くずれが少く,取扱いやすいので,漁業,船舶,陸上一般用などに広く使用されている。 (→ラングより )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

普通よりの関連キーワードドロップショルダー人並み勝れるエクスプレス寸が詰まる縁塗烏帽子五郎八茶碗サントメ針足りない値が張る書生羽織寸足らず高足駄反っ歯大荒目尻桁帯濃いめ指敷居深蒸茶早掘り大具足

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

普通よりの関連情報