コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智隆 ちりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

智隆 ちりゅう

1816-1865 幕末の僧,尊攘(そんじょう)運動家。
文化13年生まれ。真言宗土佐(高知県)須崎発生寺,多之郷観音寺の住職となり,堕胎・嬰児殺し撲滅につくした。京都にでて尊攘運動にくわわる。郷里にかえり仏具などをあつめて大砲を鋳造しようとしたが失敗した。慶応元年7/9月26日死去。50歳。土佐出身。俗名は堀内勇次。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

智隆の関連キーワードロボホンRobi運動家尊攘

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

智隆の関連情報