コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暖かさの指数 warmth index

法則の辞典の解説

暖かさの指数【warmth index】

月平均気温が5℃ 以上の月を植物の生育可能期間と考え,月平均気温から5℃ を引いた値を積算したもの.川喜田二郎によって,ケッペンの気候分類*の不備を補うべく考案されたものである.温量指数*と記してある成書もあるが,これは別の計算法によるものの可能性もある.逆に月平均気温5℃ 以下の月の場合は,同じように5℃ を引くとマイナスとなるが,こちらは,寒さの指数*という.こちらは吉良龍夫の提案になる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あたたかさ‐の‐しすう【暖かさの指数】

月平均気温がセ氏5度を超えた月だけ取り出し、各月の平均気温から5度を差し引いた値を合計したもの。一般に、植物の活性には5度以上の温度が必要とされる。そのため、植物の生育可能期間についての積算温度の一として、植生帯の指標となる。寒さの指数とあわせて、温量指数とよばれる。生態学者吉良竜夫が提唱。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の暖かさの指数の言及

【植生】より

…このほかに,冬の寒さにおける最低温度に対する耐凍性が重要だとの考えがある。積算温度についての指数で,植物の分布の限界とよく一致するといわれているのが,川喜田二郎・吉良竜夫の暖かさの指数warm index(WI)と寒さの指数cold index(CI)である。これは,経験的に5℃を閾値として,WIは月平均気温が5℃を越える月の平均気温と5℃との差を,CIは月平均気温が5℃よりも低い月の平均気温と5℃との差を,それぞれ年間で積算したもの(CIは負の値で表す)である。…

※「暖かさの指数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

暖かさの指数の関連キーワード川喜田‐吉良の乾湿度指数温量指数(川喜多,吉良)寒さの指数(吉良)冷温帯林気候区分亜寒帯林気候分類ケッペン指数