コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気候分類 classification of climate

法則の辞典の解説

気候分類【classification of climate】

ケッペンやソーンスウェイトによってなされた,地球上の各地の異なる気候をその特徴によって分類すること.ケッペンは年平均気温と最寒月,最暖月の平均気温,年降水量などを組み合わせた分類を行った.ソーンスウェイトは蒸発散位の概念を導入し,毎月の水収支の過不足から,湿潤係数と乾燥係数を計算して,これに基づく気候分類を提案した.このほか川喜田と吉良による暖かさの指数と寒さの指数の導入,大気大循環を重視するアリソフの分類など数種類の分類がある.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典内の気候分類の言及

【気候区分】より

…地球上に見られるいろいろな気候を,その共通的な特性や類似点によっていくつかに類型化することを,気候区分または気候分類という。気候の区分の方法には,その立場や目的によりいろいろあるが,方法的には次の二つに大別される。…

※「気候分類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

気候分類の関連キーワードケッペン(Wladimir Peter Köppen)湿潤指数(ソーンスウェイト)ソーンスウェイトの気候区分W.P. ケッペンソーンスウェート地中海性気候温帯気候氷雪気候ケッペン寒帯気候亜寒帯気候帯気候図北極熱帯

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android