コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川喜田二郎 かわきた じろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川喜田二郎 かわきた-じろう

1920-2009 昭和後期-平成時代の文化人類学者。
大正9年5月11日生まれ。今西錦司の影響で山岳・探検活動をおこなう。大阪市立大助教授をへて,昭和37年東京工業大教授。のち筑波大,中部大の教授。大興安嶺,ネパールなどの学術探検に参加。59年ネパール山村への技術協力によりマグサイサイ賞KJ法を創始した。平成21年7月8日死去。89歳。三重県出身。京都帝大卒。著作に「鳥葬の国」「発想法」「素朴と文明」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

川喜田二郎【かわきたじろう】

文化人類学者,地理学者。京都帝国大学文学部地理学科卒業。大阪市立大学助教授を経て,東京工業大学教授,筑波大学教授,中部大学教授を歴任。東京工業大学名誉教授。京都帝国大学時代に山岳部に入り,今西錦司梅棹忠夫らと探検隊を組織し,大興安嶺山脈などを調査する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の川喜田二郎の言及

【発見法】より

…システム化とは,多くの事実をある観点から一つのシステムとして関係づけて分類し,そこに法則性を見いだすもので,メンデレーエフによる周期律の発見などがその典型である。日本でもこうした発見法がさまざまな創造の技法として開発されているが,そのうち市川亀久弥による〈等価変換法〉は類推を独特な形で発展させたものであり,川喜田二郎の〈KJ法〉はシステム化の独自な技法とみることができる。発見【伊東 俊太郎】。…

※「川喜田二郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

川喜田二郎の関連キーワード暖かさの指数独創力開発温量示数

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android