コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川喜田二郎 かわきた じろう

2件 の用語解説(川喜田二郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川喜田二郎 かわきた-じろう

1920-2009 昭和後期-平成時代の文化人類学者。
大正9年5月11日生まれ。今西錦司の影響で山岳・探検活動をおこなう。大阪市立大助教授をへて,昭和37年東京工業大教授。のち筑波大,中部大の教授。大興安嶺,ネパールなどの学術探検に参加。59年ネパール山村への技術協力によりマグサイサイ賞。KJ法を創始した。平成21年7月8日死去。89歳。三重県出身。京都帝大卒。著作に「鳥葬の国」「発想法」「素朴と文明」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百科事典マイペディアの解説

川喜田二郎【かわきたじろう】

文化人類学者,地理学者京都帝国大学文学部地理学科卒業。大阪市立大学助教授を経て,東京工業大学教授,筑波大学教授,中部大学教授を歴任。東京工業大学名誉教授。京都帝国大学時代に山岳部に入り,今西錦司梅棹忠夫らと探検隊を組織し,大興安嶺山脈などを調査する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の川喜田二郎の言及

【発見法】より

…システム化とは,多くの事実をある観点から一つのシステムとして関係づけて分類し,そこに法則性を見いだすもので,メンデレーエフによる周期律の発見などがその典型である。日本でもこうした発見法がさまざまな創造の技法として開発されているが,そのうち市川亀久弥による〈等価変換法〉は類推を独特な形で発展させたものであり,川喜田二郎の〈KJ法〉はシステム化の独自な技法とみることができる。発見【伊東 俊太郎】。…

※「川喜田二郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

川喜田二郎の関連キーワード青木和夫伊藤冨雄伊夫伎一雄菊地吾郎熊田誠杉原四郎辻隆友松賢新島繁(2)河野道代

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川喜田二郎の関連情報