コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉良竜夫 キラタツオ

デジタル大辞泉の解説

きら‐たつお〔‐たつを〕【吉良竜夫】

[1919~2011]生態学者。大阪の生まれ。熱帯雨林など植物生態学の研究で知られる。大阪市立大学教授のほか滋賀県琵琶湖研究所の初代所長などを務め、自然環境の保護にも力を尽くした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

吉良竜夫【きらたつお】

生態学者。大阪市出身。専門は植物生態学,とくに熱帯林の研究。1942年,京都帝国大学農学部卒業。大学在学中に今西錦司梅棹忠夫らと大興安嶺ポナペ島調査隊に参加する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉良竜夫 きら-たつお

1919-2011 昭和後期-平成時代の植物生態学者。
大正8年12月27日生まれ。昭和24年大阪市立大教授となる。57年滋賀県琵琶湖研究所初代所長。熱帯林の研究で知られ,自然保護活動にも積極的にとりくむ。61年国際湖沼環境委員会初代委員長,平成2年日本熱帯生態学会初代会長。10年学士院エジンバラ公賞。平成23年7月19日死去。91歳。大阪府出身。京都帝大卒。著作に「生態学からみた自然」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉良竜夫の関連キーワード暖かさの指数温量示数気候区分乾燥指数森林吉良

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android