コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉良竜夫 キラタツオ

3件 の用語解説(吉良竜夫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きら‐たつお〔‐たつを〕【吉良竜夫】

[1919~2011]生態学者。大阪の生まれ。熱帯雨林など植物生態学の研究で知られる。大阪市立大学教授のほか滋賀県琵琶湖研究所の初代所長などを務め、自然環境の保護にも力を尽くした。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

吉良竜夫【きらたつお】

生態学者。大阪市出身。専門は植物生態学,とくに熱帯林の研究。1942年,京都帝国大学農学部卒業。大学在学中に今西錦司梅棹忠夫らと大興安嶺ポナペ島調査隊に参加する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉良竜夫 きら-たつお

1919-2011 昭和後期-平成時代の植物生態学者。
大正8年12月27日生まれ。昭和24年大阪市立大教授となる。57年滋賀県琵琶湖研究所初代所長。熱帯林の研究で知られ,自然保護活動にも積極的にとりくむ。61年国際湖沼環境委員会初代委員長,平成2年日本熱帯生態学会初代会長。10年学士院エジンバラ公賞。平成23年7月19日死去。91歳。大阪府出身。京都帝大卒。著作に「生態学からみた自然」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

吉良竜夫の関連キーワード関主税内田秀雄小林英司関晃築島裕辻隆中西珠子新見嘉兵衛原田憲河野道代

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉良竜夫の関連情報