コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暖皮 だんぴamadou

翻訳|amadou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

暖皮
だんぴ
amadou

サルノコシカケ類の菌糸が天然でマツ,ニレ,ナラ,クヌギなどの材部の年輪の間に多年にわたって生長し,厚い大きな繊維状の皮になったもの。柔軟で強靭なので,かつてはこれを奇品とし,敷物にしたり楽器 (琴) の袋にしたという。ヨーロッパのアマドウはこれに似ているが,キコブタケツリガネタケなどの菌糸で,暖皮ほどには大きくなく,火口 (ほくち) に用いたり,止血の材料に用いたりする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

暖皮の関連キーワードマスタケ

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android