コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暗黒の臓器 アンコクノゾウキ

デジタル大辞泉の解説

あんこく‐の‐ぞうき〔‐ザウキ〕【暗黒の臓器】

診断が困難な臓器のこと。小腸膵臓などをいう。
[補説]小腸は、口や肛門から遠く、また腹膜に固定されていないため自由に動き、長く曲がりくねっているため、カプセル内視鏡バルーン内視鏡が開発されるまで、精密な検査が難しかった。膵臓は、体の深部にあって、周りを肝臓十二指腸小腸大腸脾臓腎臓など多くの臓器に囲まれているため、観察しづらく、また特有の症状が現れにくいことから、病気の早期発見が難しい。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

暗黒の臓器の関連キーワード補説

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android