コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暗黒の臓器 アンコクノゾウキ

1件 の用語解説(暗黒の臓器の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あんこく‐の‐ぞうき〔‐ザウキ〕【暗黒の臓器】

診断が困難な臓器のこと。小腸膵臓などをいう。
[補説]小腸は、口や肛門から遠く、また腹膜に固定されていないため自由に動き、長く曲がりくねっているため、カプセル内視鏡バルーン内視鏡が開発されるまで、精密な検査が難しかった。膵臓は、体の深部にあって、周りを肝臓十二指腸小腸大腸脾臓腎臓など多くの臓器に囲まれているため、観察しづらく、また特有の症状が現れにくいことから、病気の早期発見が難しい。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

暗黒の臓器の関連キーワード潰瘍臓器移植腸癌難事難敵皮質難ないプログルカゴン病理診断胆囊造影

暗黒の臓器の関連情報