コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曲弾き キョクビキ

デジタル大辞泉の解説

きょく‐びき【曲弾き】

三味線・などを特殊な技巧で弾いたり、非常な速さで弾いたりすること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょくびき【曲弾き】

三味線や琴などを、特殊な技巧で曲芸のように弾くこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曲弾き
きょくびき

弦楽器を曲芸的に弾くこと。楽器の取扱い方が尋常でないものと、演奏そのものが普通でないものの2通りある。前者は、三味線などを頭上で弾くとか、演奏中に回転させるとか、勘どころを押さえる人と弾く人が別々とか、あるいは撥(ばち)を放り投げるとかいったもの。後者は、リズムやテンポを通常でなく演奏するものである。江戸の鳥羽屋三右衛門(とばやさんえもん)(1712―67)が、三味線を弾きながら同時に太鼓と鉦(かね)を打って「曲を尽せり」と『歌舞伎事始(かぶきことはじめ)』にある。今日でも文楽のなかに前者の奏法が伝えられているし、九州の盲僧琵琶(びわ)にもある。後者の伝統は、長唄(ながうた)の長い合の手や大薩摩(おおざつま)の合の手にも聞くことができる。[織田紘二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

曲弾きの関連キーワード都々逸坊 扇歌(4代目)都々逸坊 扇歌(7代目)柳家 三亀松(2代目)白川 軍八郎(初代)中村 鶴蔵(2代目)岸沢竹遊斎(2代)竹沢弥七(7代)鶴沢寛治(4代)鳥羽屋三右衛門都上 英二津軽三味線鶴沢寛治徳永徳寿柴崎勘六浮世節曲撥

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

曲弾きの関連情報