コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合の手 あいのて

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合の手
あいのて

日本音楽の用語。「間の」とも書き,単に「合」ともいう。歌と歌の間に奏される器楽的旋律 (手) のこと。義太夫節には文句と文句の間をつなぐ比較的短い旋律と,長い詞の背景音楽のようにあしらって弾いたり,立回りなど人形の動作に合せて弾くメリヤスとがある。合の手を発展させたものを長唄では「合方」,地歌箏曲では「手事」といって音楽的に重要な構成部分となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あい‐の‐て〔あひ‐〕【合(い)の手/相の手/間の手】

邦楽で、歌と歌の間に、三味線などの伴奏楽器だけで演奏する部分。
歌や踊りの調子に合わせて入れる手拍子囃子詞(はやしことば)
相手の動作や話の合間に挟む別の動作や言葉。「―を入れる」
[補説]「相槌を打つ」と混同して、「合いの手を打つ」とするのは誤り。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

合の手【あいのて】

日本音楽用語。(1)箏曲(そうきょく)や三味線音楽などで,歌と歌の間に伴奏楽器だけで奏される一種の間奏。その長いものを,長唄では合方(あいかた),地歌や箏曲では手事(てごと)という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あいのて【合の手】

三味線音楽の形式の一つ。〈間の手〉〈相の手〉とも書き,単に〈合〉ということもある。歌と歌とのあいだ(間)をつなぐ短い三味線の旋律を指す。〈合の手〉が長くなって形式化された場合には,長唄では合方(あいかた),地歌では手事(てごと)と呼ばれる。歌い手の息継ぎを助けたり,歌詞の意味や気分などを楽器で表したり,舞踊の場合は舞う人の動きを促進する役割がある。【加納 マリ】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

合の手
あいのて

邦楽用語。唄(うた)と唄との間をつなぐ手(て)(旋律)のことで、単に「あい」ともいう。洋楽の間奏にあたる。唄い手の息継ぎのためのほか、唄のリズムやテンポを指導し、さらに、歌詞の意味をくみ取って強調するための場合もある。長唄では、合の手のうちとくに長いものを「合方(あいかた)」という。地唄や箏曲(そうきょく)では「手事(てごと)」とよび、また琵琶(びわ)楽では「弾法(だんぽう)」とよんでいる。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の合の手の言及

【手事】より

…本来は,手ないし本手が,地歌の規範的楽曲である三味線組歌ないしこれに準ずるもの(長歌など)をいうことから,その総称として手事といったもので,まだ地歌という言葉が成立していなかった以前において,盲人音楽家が扱う三味線音楽そのものを指していった場合もある。後には詞章を伴わない楽曲をいい,さらに間奏部分を合(あい)の手(略して単に合とも)といったことから,その長いもので独立性のあるものを手事というようになった。 初期の手事は,初段,2段などと分割しうる段構造をもち,それらが同拍である場合には,段合せの演出も可能。…

※「合の手」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

合の手の関連キーワード黒髪(地唄、長唄)櫛田 栄清(初代)雪(地歌、箏曲)でろれん祭文代金取立手形浪花亭駒吉ミスハワイ歌曲時習考阿呆陀羅経鶴の巣籠こんかい振替預金石山源氏追分節六玉川宮薗節上調子充真院臼の声萩の露

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

合の手の関連情報