コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曳尾 エイビ

デジタル大辞泉の解説

えい‐び【×曳尾】

《「荘子秋水の、荘子が亀にとっては死んで骨を尊ばれるよりは、生きて泥の中に尾をひいてはい回っているほうがよいというたとえをもって、楚(そ)王からの任官のさそいを謝絶した故事から》仕官して束縛されるよりも、貧しくても安らかに郷里で暮らすほうを望むこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

曳尾の関連キーワード尾を泥中に曳く加藤曳尾庵武村益友笠森お仙亀田窮楽武村万海曳尾庵髪油

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android