書斎の聖ヒエロニムス(読み)ショサイノセイヒエロニムス

デジタル大辞泉の解説

しょさいのせいヒエロニムス【書斎の聖ヒエロニムス】

《原題、〈イタリア〉San Girolamo nello studioギルランダイヨの絵画。フィレンツェにあるオニサンティ教会内壁のフレスコ画西方教会の教父でラテン語訳聖書を著したヒエロニムスを描いたもの。ボッティチェリの「書斎の聖アウグスティヌス」と対をなす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android