コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒエロニムス ヒエロニムス Hieronymus, (Sophronius) Eusebius

6件 の用語解説(ヒエロニムスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒエロニムス
ヒエロニムス
Hieronymus, (Sophronius) Eusebius

[生]347頃.ダルマチア,ストリドン
[没]420頃.ベツレヘム
アンブロシウスと並称される初代ラテン教父。ラテン教会四大博士の一人。聖人。ローマで学び受洗。 20年間諸方を遍歴してローマへ戻り,教皇ダマスス1世に秘書として仕え (382~385) ,386年頃聖女パウラらとベツレヘムにおもむき聖パウラ男子修道院の指導にあたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヒエロニムス(Eusebius Sophronius Hieronymus)

[340ころ~420]キリスト教の教父。古代西方教会の聖書学者。教皇秘書などを歴任後、ベツレヘムで修道院の指導にあたるかたわら、聖書のラテン語訳「ウルガタ」や聖書注解などを著した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヒエロニムス

ローマ教会の教父,聖人。英名ジェロームJeromeダルマティアの出身。ベツレヘムに定住して聖書の研究と翻訳に専心,そのラテン語訳聖書は,のちに手が加えられ,カトリック教会唯一の公認聖書《ウルガタ》として用いられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヒエロニムス【Hieronymus】

342ころ‐420
聖書学者,聖人。英名ジェロームJerome。《ウルガタ》版ラテン語聖書の翻訳者。アクイレイア近傍のストリドンの出身。ローマで学び,374年ころ東方に向かった。アンティオキアアポリナリオスの講義を聞いて大いに刺激されたが,非キリスト教文学への関心が修道生活の妨げとなることを悟って,シリアの砂漠に逃れ,4,5年の間,隠修士の生活をおくり,その際にヘブライ語を習得した。382‐385年にはローマに戻り,教皇ダマスス1世Damasus Iの秘書をつとめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ヒエロニムス【Eusebius Hieronymus】

342頃~420) 聖書学者・教父。ダルマチアの人。教皇秘書を務めたのち、ベツレヘムで修道院指導。教会公認訳となる聖書のラテン語訳(ウルガタ)を完成。正統的信仰・禁欲主義を擁護。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒエロニムス
ひえろにむす
Eusebius Sophronius Hieronymus
(345ころ―419/420)

ラテン教父、聖書学者、聖人。英名ジェロームJerome。ダルマチア近くのストリドンに生まれる。12歳でローマへ赴き、文法・修辞学を学び、19歳で受洗。のちガリアを旅行し、同地で修道院生活を決意した。アクィレイアで友人とともに禁欲生活を始めたが、372年突如旅に出て、アンティオキアにとどまり、重病の床で「汝(なんじ)はキケロ主義者にてキリスト者にあらず」という声を聞き覚醒(かくせい)し、砂漠に退いた。そのころギリシア語とヘブライ語を学ぶ。一時教皇ダマスス1世(在位366~384)の秘書となり、のちベスレヘムに定住し、学問に没頭して東方神学の西方教会への移入に努め、ラテン世界に多大の影響を与えた。その最大にして不滅の功績は、聖書のラテン語訳(『ブルガーター』)である。該博な言語知識、古典への精通、綿密な研究旅行と多数の学者との交友の成果をもって西欧における修道生活への道を開拓し、翻訳、著述に専念したラテン教会の代表的著述家の1人となった。[朝倉文市]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヒエロニムスの言及

【ウルガタ】より

…vulgataとはeditio vulgata(共通訳)の略。382年教皇ダマススDamasusの命により,当時最大の碩学ヒエロニムスが中心となって従来行われていた種々の古ラテン訳の不統一を正すことになった。新約のほうはすでに用いられていた《イタラItala》とよばれるイタリア訳を多少修正するにとどめ,386年ごろに一応終了したが,ヘブライ語から訳した旧約の翻訳にはパレスティナのユダヤ人等の助けをかり405年ごろ完成したという。…

【キリスト教文学】より

… これにつづく4世紀は,3人の特筆すべきキリスト教作家を出した。年代的にも接近して現れたアンブロシウス,ヒエロニムス,アウグスティヌスがこれである。この3人はみな護教活動のほか,多くの著述や大部な書簡を残しているが,アンブロシウスはまた賛美歌創始者の一人として知られ,その作になる《世界の永遠なる造り主》ほか多くの詩は,広く一般に用いられ,多くの模倣者をさえ出した。…

【降誕教会】より

…第1回十字軍がラテン帝国を創設したとき,ボードゥアン1世(在位1100‐18)がこの教会で即位した。現在その北に聖カタリナ教会(1883建設)が隣接し,その地下にはヒエロニムスが《ウルガタ》(ラテン語訳聖書)完成のために住んでいた部屋とされる洞窟がある。【関谷 定夫】。…

【コンスタンツ公会議】より

…皇帝ジギスムントはこの裁判に臨席して弁護の発言をしながら,その効果なくフスは7月6日火刑に処された。彼の同僚プラハのヒエロニムスHieronymus Pragensisはオックスフォードに学びウィクリフをチェコに紹介した人物で,一度は危険を避けてカトリックの教義を認めたが,16年5月フスの無罪を主張してフスと同じ運命をたどった。しかしこの処置はボヘミアの反カトリック運動に油を注ぐ結果となった。…

【図書館】より

…3世紀になるとアレクサンドリアはキリスト教神学研究のメッカとなった。なお,《ウルガタ》として知られるラテン訳聖書を確定したヒエロニムスは,ローマに教皇図書館を建てるときの立役者となっている。
[中世]
 東ゴート族の王テオドリックに仕えたローマ人カッシオドルスは,アレクサンドリアのムセイオンをモデルに大学と図書館とを兼ねたようなものの建設を考えていた。…

【ドナトゥス】より

…しかし,彼の注釈はセルウィウスによって参考にされ,現在にも伝わるその膨大な注釈書に吸収されている。ラテン語訳聖書,いわゆる《ウルガタ》の編者ヒエロニムスはドナトゥスに学んだ。【三浦 尤三】。…

【福音書】より

…2世紀後半の教父(特にエイレナイオス)以後は,正典四福音書記者を表すシンボルとして四つの天的生物が考えられた。異なる考え方も存在したが,最終的には《ヨハネの黙示録》4章6~8節に即して,マルコを〈ライオン〉,マタイを〈人〉(人のような顔をした生き物),ルカを〈牛〉,ヨハネを〈鷲〉のシンボルでそれぞれ表記したヒエロニムスの考え方が定着した。聖書【大貫 隆】。…

【ペリカン】より

…また後に,ペリカンの母鳥は,人々を救済するために死んだイエス・キリスト自身とも解釈されるようになった。象徴としてのペリカンをとくに重視した4世紀の聖人ヒエロニムスは,ヘビ(魔王の象徴)の毒で殺された雛が蘇生するのは,母鳥がくちばしで自身の脇腹を傷つけ血を滴らせるからだと説いた。この図柄はアメリカ,ルイジアナ州の紋章でもあり,同州はペリカン州Pelican Stateとも俗称される。…

【ライオン】より

…それによりイギリス自体を戯画化する際にも王冠をかぶったライオンの姿が用いられる。聖人の図像ではヒエロニムスとともにしばしばライオンが従順な下僕として描かれる。これは修道院にはいりこんだライオンをこの聖人がもてなし,とげを抜いてやったという伝説に由来するものである。…

【ラテン文学】より

…313年のキリスト教公認を境に,4世紀から5世紀にかけて,《マタイによる福音書》を叙事詩にしたユウェンクスJuvencus,雄弁家ラクタンティウス,賛美歌作者で人文主義に反対した神秘主義者アンブロシウス,古代最大のキリスト教ラテン詩人プルデンティウスとその後継者ノラのパウリヌスなどが活躍したが,古代最大の2人のキリスト教作家も続いて現れた。一人は,全古典作家に精通した人文主義者である一方,聖書をラテン語に翻訳して,異教の伝統とキリスト教とを照応させたヒエロニムス,もう一人はヨーロッパ最初の自叙伝《告白》と,《神の国》などの著作で名高いアウグスティヌスである。こうみてくると,一部にアンブロシウスのような反人文主義の主張があったとはいえ,全体としてはキリスト教作家たちは古典を尊重し,これを習得研究してキリスト教思想と融合させようとしている。…

※「ヒエロニムス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒエロニムスの関連キーワードパジェロパジェロイオパジェロジュニアパジェロミニジェローム・ロビンズ・ブロードウェイ前田護郎旧約聖書学《クローム・イェロー》新約聖書学ポール・ジェローム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒエロニムスの関連情報