ギルランダイヨ(英語表記)Domenico Ghirlandaio

大辞林 第三版の解説

ギルランダイヨ【Domenico Ghirlandaio】

1449~1494) イタリアの画家。初期イタリア-ルネサンスを代表する画家。息子(Ridolfo G.)も画家。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギルランダイヨ
ぎるらんだいよ
Ghirlandaio
(1449―1494)

イタリアの画家。ギルランダイヨは通称で、正式名はドメニコ・ディ・トムマーゾ・ビゴルディDomenico di Tommaso Bigordi。15世紀後期におけるフィレンツェきっての流行画家であった。その多作ぶりは当時のフィレンツェで彼の描いた祭壇画をもたない聖堂はほとんどないと、うわさされたほどであった。1475年にサン・ジミニアーノの教区聖堂サンタ・フィーニ礼拝堂の装飾を終えたのち、ルッカおよびピサの大聖堂の装飾にも参画し、さらに80年にはフィレンツェのオッニサンティ聖堂に『聖ヒエロニムス』と『最後の晩餐(ばんさん)』を描いた。81~82年には数人のフィレンツェの著名画家とともにローマに招かれ、バチカン宮システィナ礼拝堂に『キリストの復活』(現存せず)、『聖ペテロと聖アンデレの召命』を描いた。フィレンツェに帰ってからはパラッツオ・ベッキオの百合(ゆり)の門の装飾に関与し、また85年には同市の名士フランチェスコ・サセッティの依頼により、サンタ・トリニタ聖堂の同家礼拝堂にフレスコ画『聖フランチェスコの生涯』と祭壇画『牧者の礼拝』を描いた。さらに彼はジョバンニ・トルナブオーニの委嘱を受け、89~90年にサンタ・マリア・ノベッラ聖堂の聖歌隊席を囲む壁面に『聖母の生涯』および『洗礼者聖ヨハネの生涯』を描いている。前記『聖ヒエロニムス』や『老人と孫』(パリ、ルーブル美術館)などの作品にみられる極端な細部描写は、この画家とフランドル絵画との接触を示している。[濱谷勝也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android