書(き)止め(読み)カキトメ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

書止め
かきとめ

古文書学で、文書本文の末尾のところをいう。書止めは文書の様式によって、下文(くだしぶみ)ならば「故ニ下ス」「以(もっ)テ下ス」、解(げ)ならば「以テ解ス」というように、一定の文言が決まっている。さらに、その文書の差出人と受取人との地位の高下などが、もっとも鮮明に表現されるところとして重要な意味をもつ。たとえば、亀山(かめやま)上皇の制定した「弘安(こうあん)礼節」中の弘安書札礼(しょさつれい)では、書状の差出人と受取人との地位の相対的関係によって、「謹言」「恐惶(きょうこう)謹言」「誠恐謹言」などと、書止め文言を使い分けるべきことが定められている。[千々和到]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android