コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書陵部 ショリョウブ

大辞林 第三版の解説

しょりょうぶ【書陵部】

宮内庁の一部局。皇室の所蔵図書の保管や陵墓の管理などにあたる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の書陵部の言及

【宮内庁】より

… 宮内庁の前身は1869年設置以来の伝統をもつ宮内省であるが,1947年日本国憲法施行と同時に宮内府とされ,49年宮内庁とされた。その内部組織は,長官のほか次長1人,長官官房,侍従職,皇太后宮職,東宮職,式部職,書陵部,管理部となっている。侍従職には侍従長等が置かれ御璽・国璽の保管,側近事務等をつかさどり,皇太后宮職,東宮職にはそれぞれ皇太后宮大夫,東宮大夫等が置かれ,皇太后,皇太子に関する事務をつかさどり,式部職には式部官長等が置かれ儀式,交際,雅楽に関することをつかさどる。…

【諸陵寮】より

…86年宮内省官制改正に当たり,足立正声の建白を入れ3たび諸陵寮が設置され,庶務,主計,調査,往復の4課と京都在勤諸陵寮を置いて,陵墓の管理・考証と,古墳の発掘,埋蔵物発見等の届けに関する事務を行うことになった。88年京都在勤諸陵寮を諸陵寮出張所と改称,1914年出張所を廃止し,4課を経理,考証の2課に統合,21年庶務,考証の2課に改組し,46年また廃止され,陵墓関係の事務は,宮内庁書陵部へ引き継がれた。【石田 茂輔】。…

【図書寮】より

…皇室系譜ならびに帝室の記録を編修し,内外の書籍・古器物・書画の保存および美術に関することをつかさどる。その後,幾多の変遷を経て,1949年6月,同じ省中の諸陵寮と併合,宮内庁の一部局である書陵部となり,現在に至っている。【今江 広道】。…

※「書陵部」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

書陵部の関連キーワード宮内庁書陵部遠藤 諦之輔花園天皇日記花園天皇宸記九条家文書類聚名義抄晴富宿禰記伏見院御記紅葉山文庫早川 庄八情報公開法諸山縁起続左丞抄守光公記義山理忠実躬卿記言国卿記政所壁書直弧文鏡唯心房集

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

書陵部の関連情報