コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

図書寮 ずしょりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

図書寮
ずしょりょう

令制中務省に属した役所。官の書籍の収蔵管理,国史撰修,紙,筆,墨などの調進宮中仏事などを司った。長官である頭以下の四等官のほか,写書手,筆手,造紙手,造墨手などの技術者をおいた。平安時代以降は規模も縮小され,宮中の蔵書内裏の御文庫および壬生家の文庫などに収められていた。 1884年宮内省の一部局として復興され,皇室記録の編集,書籍の保存などを司り,30万に及ぶ貴重図書があったという。第2次世界大戦後,旧諸陵寮と合併して現在の宮内庁書陵部となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ずしょ‐りょう〔ヅシヨレウ〕【図書寮】

律令制で、中務(なかつかさ)省に属し、書籍・経典や紙・筆・墨などを管掌し、また、国史編纂(へんさん)をつかさどった役所。ふみのつかさ。
明治官制宮内省に属し、主として皇統譜の編集、詔勅保管などを管掌した役所。としょりょう。

としょ‐りょう〔‐レウ〕【図書寮】

ずしょりょう(図書寮)

ふみ‐の‐つかさ【図寮/司】

ずしょりょう(図書寮)
しょし(書司)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ずしょりょう【図書寮】

(1)律令官制における中務省所属の役所。朝廷の図書・仏像・仏具・経典の保管,国史の修撰,書籍の書写・校正・製本,諸官庁で使用する紙・筆・墨などの文房具の製造と供給を任務とする。頭,助,大允,少允,大属,少属各1人の事務官と,写書手20人,装潢(そうこう)手4人,造紙手4人,造筆手10人,造墨手4人の技術指導者を擁し,紙すきに従事する紙戸50戸が付属する。大同年間(806‐810)に別所として紙屋院(かみやいん)と称する紙すき場が置かれたが,律令制の衰退とともに,紙屋院での紙すきのみは,図書允を世襲した栂井(とがのい)家と図書属を世襲した小佐治家が紙漉座を結成して行ったが,それも地方製紙業の発達によりすたれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ずしょりょう【図書寮】

律令制で、中務省に属し、図書の保管・書写、官用の紙筆墨の供給、国史の作成や宮中の仏事などを任務とした役所。ふみのつかさ。ふんのつかさ。
1884年(明治17)、宮内省に設けられた部局。皇室の図書・記録の保管、皇統譜・天皇皇族の実録の編纂へんさんなどに当たった。1949年(昭和24)、宮内庁書陵部となる。

としょりょう【図書寮】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

図書寮
ずしょりょう

令制(りょうせい)官司の一つで中務(なかつかさ)省の被官。職員(しきいん)令によると、職掌は儒教・仏教の典籍や仏像の保管、国史の撰修(せんしゅう)、典籍の書写・表装、紙・筆・墨の支給など。職員は頭(かみ)1人、助(すけ)1人、大・少允(じょう)各1人、大・少属(さかん)各1人で、頭の官位相当は従(じゅ)五位上。そのほか写書手(しゃしょしゅ)、装(そうこう)手、造紙手、造筆手、造墨手などが所属。1884年(明治17)宮内省の管下に復置され、御系譜・帝室いっさいの記録の編輯(へんしゅう)、書籍・古器物の保存、美術に関することなどを管掌した。[柳雄太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

図書寮

「ずしょりょう」と読む.(1)令制のもと,中務省の中の図書・仏典・仏像の保管と共用を担当した部局.頭(かみ,長官)・助(すけ,次官)・允(じょう,判官)・属(さかん,主典)のほか,写書手・装潢手・造紙手・造筆手・造墨手が配置され,紙・墨の自給や書写作業・造本も管理した.9世紀には製紙場として紙屋院を設けたが,13世紀になると紙漉座が生じ,その座衆に依存する.明治維新で廃止.(2)1875(明治8)年出版検閲機構として内務省に設置されたもの.翌年図書局と改称.(3)1884(明治17)年宮内省に皇室系譜その他の記録編輯と書籍・古器物などの保存担当部局として設置されたもの.1949(昭和24)年陵墓の事務を併せ,宮内庁書陵部となった.蔵書に皇室関係の記録や古典籍希書が多い.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

世界大百科事典内の図書寮の言及

【図書館】より

…このような気運のもとで,多くの図書を集め多くの人の閲覧に供するという狭義での図書館も誕生することになった。聖徳太子の夢殿,大宝令の規定に見える中務(なかつかさ)省の図書(ずしよ)寮,東大寺など大寺に付設された経蔵,さらには吉備真備(きびのまきび)や玄昉(げんぼう)など知識人の私的な文庫も広義の図書館と考えることができるが,一般には石上宅嗣(いそのかみのやかつぐ)が奈良の地において,私邸に阿閦(あしゆく)寺を建立し,その境内に芸亭(うんてい)と称する書斎を設け公開したものが日本における公開図書館の発祥とされる(8世紀後半)。また,菅原道真はその書斎文庫の紅梅殿(こうばいどの)を他人にも公開したといわれる。…

※「図書寮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

図書寮の関連キーワード書司・図書寮遠藤 諦之輔星野 輝興遠藤諦之輔忌部黒麻呂逸見仲三郎宮良 当壮類聚名義抄晴富宿禰記宿紙上下座九条家文書福井 学圃芝 葛盛大関剣峰福井学圃宮良当壮狩野雅信松井道珍岡本椿所経俊卿記

図書寮の関連情報