コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸陵寮(読み)ショリョウリョウ

デジタル大辞泉の解説

しょりょう‐りょう〔‐レウ〕【諸陵寮】

天平元年(729)諸陵司を改めたもの。
明治2年(1869)神祇官(じんぎかん)中に設置され、陵墓の管理を担当した役所。のち、宮内省に移籍。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

諸陵寮【しょりょうりょう】

治部省所属の令制官司の諸陵司を729年拡張・改称。和訓は〈みささぎのつかさ〉。職掌は陵墓の管理・維持,奉幣,陵戸戸籍計帳の作成など。職員は頭(かみ)・助(すけ)・大允(だいじょう)・少允・大属(だいさかん)・少属各1人,802年史生(ししょう)4人新設。中世後期に廃絶したが幕末の陵墓整備にともない1864年再興。1869年神祇官に付属,1871年廃止,1886年宮内省に設置,1946年廃止。→大宝律令養老律令

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょりょうりょう【諸陵寮】

陵墓に関する事務を行う役所。729年(天平1)令制の治部省管下の諸陵司を,機構を拡張して改称した。頭,助,大允,少允,大属,少属,史生4名,使部10名の職員を擁し,陵墓への奉幣,陵戸・守戸(りようこしゆこ)の配置とその戸籍・計帳の勘造,陵墓周辺の環境整備,陵墓の定期巡検・修補等の業務を行った。令制の崩壊とともに有名無実となり,15世紀中ごろには廃絶した。1864年(元治1)宮中に再興され,69年(明治2)京都出張所を設け神祇官に移ったが,71年廃止された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょりょうりょう【諸陵寮】

治部省の諸陵司を729年に改称したもの。一五世紀以後ほとんど消滅したが、1864年再興された。のち曲折を経て1949年(昭和24)図書寮と合わせ、書陵部として宮内庁の一部局となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報