コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曹学せん そうがくせんCao Xue-quan; Ts`ao Hsüeh-hsien

1件 の用語解説(曹学せんの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曹学せん
そうがくせん
Cao Xue-quan; Ts`ao Hsüeh-hsien

[生]万暦2(1574)
[没]紹武1=順治3(1646)
中国,明末の政治家で学者。侯官 (福建省) の人。字は能始。号は石倉,沢雁。諡は忠節。万暦 23 (1595) 年の進士。南京戸部郎中,浙江按察使を経て広西右参議となる。天啓6 (1626) 年その著『野史紀略』のために弾劾されて失職,その後郷里で著述に専念。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

曹学せんの関連キーワードシャルル真田幸隆アンリ[3世]国立公園霧島湯葉アンリ霧島山専修寺ソテロ高千穂峰

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone