コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曹学せん そうがくせんCao Xue-quan; Ts`ao Hsüeh-hsien

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曹学せん
そうがくせん
Cao Xue-quan; Ts`ao Hsüeh-hsien

[生]万暦2(1574)
[没]紹武1=順治3(1646)
中国,明末の政治家で学者。侯官 (福建省) の人。字は能始。号は石倉,沢雁。諡は忠節。万暦 23 (1595) 年の進士。南京戸部郎中,浙江按察使を経て広西右参議となる。天啓6 (1626) 年その著『野史紀略』のために弾劾されて失職,その後郷里で著述に専念。のち唐王に付し礼部尚書となったが,事破れて自殺した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

曹学せんの関連キーワード安土桃山時代(年表)シャルルソテロ真田幸隆アンリ[3世]フランチェスコ1世[メディチ家]ベラール王国国立公園霧島湯葉アンリ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android