コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曹髦 そうぼうCao Mao; Tsa`o Mao

1件 の用語解説(曹髦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曹髦
そうぼう
Cao Mao; Tsa`o Mao

[生]正始2(241)
[没]景元1(260)
中国,三国時代のの第4代皇帝 (在位 254~260) 。字は彦土。普通,即位前の位によって高貴郷公という。東海王曹霖の子。魏の権臣司馬師に迎えられて皇帝の位についた。師没後,その弟の司馬昭の権勢が日を追って盛んになるのをみて怒りにたえず,殿中の宿衛兵などを率いて討って出,殺された。これは魏の皇帝側の司馬氏に対する最後の抵抗ともいうべきものであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

曹髦の関連キーワードアギス[4世]アッタロス[1世]トリブス遺失物ポエニ戦争埋蔵物iPad自由民主党orange観光イベント

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone