コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曹髦 そうぼう Cao Mao; Tsa`o Mao

1件 の用語解説(曹髦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曹髦
そうぼう
Cao Mao; Tsa`o Mao

[生]正始2(241)
[没]景元1(260)
中国,三国時代の第4代皇帝 (在位 254~260) 。字は彦土。普通,即位前の位によって高貴郷公という。東海王曹霖の子。魏の権臣司馬師に迎えられて皇帝の位についた。師没後,その弟の司馬昭の権勢が日を追って盛んになるのをみて怒りにたえず,殿中の宿衛兵などを率いて討って出,殺された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曹髦の関連キーワードアルキル基階乗数値積分スターリングの補間公式リーマン幾何学三角数正始石経正始の音正始の風

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone