コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曻地三郎 しょうち さぶろう

1件 の用語解説(曻地三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曻地三郎 しょうち-さぶろう

1906-2013 昭和-平成時代の教育者。
明治39年8月16日生まれ。師範学校教師をへて,福岡学芸大(のち福岡教育大)教授。脳性麻痺(まひ)の実子ふたりのため,昭和29年福岡市に私塾「しいのみ学園」を設立。妻露子とともに心身障害児の早期発見,早期教育を実行し,成果をあげる。30年同学園をモデルに映画「しいのみ学園」がつくられた。53年から市の施設となり,理事長に就任。55年妻とともに吉川英治文化賞。平成25年11月27日死去。107歳。北海道出身。広島文理大卒。旧姓は山本。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

曻地三郎の関連キーワード安里彦紀鰺坂二夫伊ケ崎暁生五十嵐顕稲垣忠彦海老原治善小川利夫長尾十三二浜田陽太郎堀尾輝久

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

曻地三郎の関連情報