コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曽根崎 ソネザキ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曽根崎
そねざき

大阪市北区、大阪駅の南部にある歓楽地。江戸時代には大坂三郷(さんごう)の北にあたり、曽根崎川(蜆(しじみ)川とも。1909~1924年埋立て)沿いに設けられた新地で、茶屋の並ぶ遊所であった。近松門左衛門の『曽根崎心中』で知られ、その舞台となった露(つゆ)天神(お初天神とも)があり、境内に主人公のお初、徳兵衛のブロンズ像が設置されている。明治以降、鉄道開通で駅前歓楽地として発展した。映画館、娯楽場、飲食店が多く、北接する梅田とあわせて「キタ」の繁華街を形成している。[樋口節夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

曽根崎の関連キーワード掻きしゃなぐる・搔きしゃなぐる曽根崎天神・曾根崎天神辰松八郎兵衛ありべかかり頼もし立て小春治兵衛死なず甲斐世話浄瑠璃お初徳兵衛曽根崎天神文字片半飯炊き女涙片手に増村保造命代はりまじくら真っ返様捲り出す露天神社扇町通り

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

曽根崎の関連情報