コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新地 シンチ

デジタル大辞泉の解説

しん‐ち【新地】

新しく居住地として開けた土地。新開地。
《多く新開地にできたところから》遊里。「新地通い」
新しく手に入れた領地。新知

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

新地【しんち】

元禄期(1688年−1704年)以降,都市の拡大再編過程で河川の改修や海辺の埋立てなどにより,新たに造成され開けた土地のこと。新町新屋敷ともいう。新地開発によって発展したともいわれる大坂の町では,新地の繁栄を図るため,茶屋,煮売屋,風呂屋芝居小屋など遊興施設の営業を許可したため,難波(なんば)新地,曾根崎(そねざき)新地などは大坂でも有数の繁華街となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんち【新地】

新たに開けた土地のこと。とくに江戸時代の都市の,17世紀後半以降の拡大再編過程で,河川の改修工事や海辺の埋立て,また土地の割替えなどの結果,新たに造成され居住地となった部分を,従来からある土地に対して新地という。新町,新屋敷も同様の意味で用いることが多い。大坂では17世紀末の元禄期に河村瑞賢により安治川の開削,堂島川,曾根崎川の浚渫(しゆんせつ)など大規模な河川改修工事が行われ,安治川新地9町,堂島新地11町,堀江新地24町などの新たな町が成立している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しんち【新地】

新たに開けた土地。新開地。
〔多く新開地に設けられたことから〕 遊里。近世、大坂では主に曽根崎新地をいう。 「 - (=曽根崎新地)への御出でか御精が出まする/浄瑠璃・天の網島
新しく得た領地。新知。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新地
しんち

新たに荒れ地を開墾したり、河川を埋め立てたりして造成された土地。新田あるいは新開地をいい、また、新しく得た領地をいう。江戸時代以降、江戸や大坂といった大都市の膨張が、新地とよばれる新開地をつくりだした。江戸で新地といえば、1734年(享保19)越中島の端を埋め立てた深川築立新地(東京都江東区)をいう。ここは深川遊里七場所の一つで、南は海を見通し、西は大川(隅田川)口に臨んだ景観の地として繁華な遊興街であった。また、中洲(なかず)新地とよばれる隅田川西岸、新大橋南方の埋立地は、1772年(安永1)の埋立て以来、1789年(寛政1)に取り払われるまで私娼(ししょう)街として繁盛し、明治年間に再度埋め立てられ、現在の中央区日本橋中洲町となっている。大坂では、曽根崎(そねざき)新地(大阪市北区)をいい、1688年(元禄1)以来開発、町割が行われ、茶屋、風呂(ふろ)屋、芝居小屋が並び建って繁栄し、現在に至る。もとこれら新地は、町屋とすべく開発されたが、その土地の繁栄振興策として茶屋などの設置が許され、とくに私娼街として繁盛するようになったのが注目される。[棚橋正博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の新地の言及

【干拓】より


[日本の干拓]
 東日本に湖沼干拓が多く,西日本に海面干拓が多い。湖沼干拓地は新田という地名であるが,海面干拓は旧藩領によって異なり,八代海の新地,有明海の牟田(むた),搦(からみ),籠(こもり),瀬戸内海の開作,新開などがあり,大阪湾,伊勢湾では新田という。湖沼干拓は17世紀の治水技術の発達によって,干潟八万石,飯沼,見沼,紫雲寺潟などに2000~3000haの干拓地ができた。…

※「新地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

新地の関連キーワード福島県相馬郡新地町谷地小屋福島県相馬郡新地町埓木崎福島県相馬郡新地町駒ケ嶺福島県相馬郡新地町大戸浜福島県相馬郡新地町今泉福島県相馬郡新地町杉目福島県相馬郡新地町小川福島県相馬郡新地町真弓福島県相馬郡新地町福田大阪府大阪市西区新町長崎県長崎市新地町心中刃は氷の朔日心中二枚絵草紙ホワイトゼノア福島県相馬郡手長明神社跡小春治兵衛悠々館楽丸曽根崎新地植村文楽軒

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新地の関連情報