コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾宮一念 そみや いちねん

1件 の用語解説(曾宮一念の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曾宮一念 そみや-いちねん

1893-1994 大正-平成時代の洋画家,随筆家。
明治26年9月9日生まれ。中村彝(つね)と親交をもつ。大正14年二科展で樗牛(ちょぎゅう)賞。独立美術協会をへて昭和21年国画会会員。40年視覚障害のため同会を脱会,のち文筆活動に転じた。34年「海辺の熔岩」で日本エッセイスト・クラブ賞。平成6年12月21日死去。101歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は喜七。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

曾宮一念の関連キーワード青山義雄田中繁吉安宅乕雄荒谷直之介有馬三斗枝大内田茂士河野通紀鱸利彦福島金一郎ベル串田

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone