曾幾(読み)そうき(英語表記)Zeng Ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曾幾
そうき
Zeng Ji

[生]元豊7(1084)
[没]乾道2(1166)
中国,南宋初の詩人。河南 (河南省) の人。号,茶山居士。名門の出で,宋の南渡の混乱期に財政面で活躍し,のち権礼部侍郎にまで進んだ。江西詩派の流れをくみ,陳与義呂本中と「南宋初の三大家」とされるが,詩風は軽快。陸游 (りくゆう) の師であったことは著名。『茶山集』 (30巻) ,『経説』 (20巻) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android