コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江西詩派 こうせいしはJiang-xi-shi-pai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江西詩派
こうせいしは
Jiang-xi-shi-pai

中国,宋代の詩壇一派。北宋から南宋にかけて勢いを得たグループで,江西出身の黄庭堅詩風を宗とする。南宋初めに呂本中 (りょほんちゅう) が『江西詩社宗派図』を著わしその系譜をまとめたが,必ずしも江西出身者ばかりから成るグループではない。南宋のある時期にはかなり大きな影響力をもったが,やがて衰えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうせい‐しは〔カウセイ‐〕【江西詩派】

中国、北宋末期から南宋にかけて栄えた詩人の一派。江西出身の黄庭堅を祖とする。杜甫の詩風を尊び、典故を取り入れ、精巧緻密(ちみつ)で、時に難解な詩を作った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうせいしは【江西詩派 Jiāng xī shī pài】

中国,南宋時代に盛行した詩の流派。その名は,呂居仁(1084‐1145)が同時代の詩人25人を,黄庭堅の流派に系統づけた《江西詩社宗派図》に由来する。江西は黄庭堅の出身地。流派の人のすべてが江西出身者というわけではなく,詩風も一様ではないが,南宋の詩壇に及ぼした影響は大きい。流派の作品を集めて編された《江西宗派詩集》があったが,いまは伝わらない。宋詩荒井 健】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうせいしは【江西詩派】

中国、宋の蘇軾の門下で、江西出身の黄庭堅を祖とする詩の一派。杜甫を尊び、陶淵明・韓愈など諸家の長所に学び斬新な詩風をうちたてた。陳師道・晁沖之ちようちゆうしらがいる。江西宗派。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の江西詩派の言及

【詩法】より

…《三体詩》は初歩的なアンソロジーであるが,実接,虚接などの詩法をあげ,実作を例示して作詩の入門書として便利であった。宋代にはまた黄庭堅が〈換骨奪胎〉〈点鉄成金〉という,古人の詩句を生かして新しい詩を創造する詩法を提唱,江西詩派を形成した。唐代にも韓愈(かんゆ)や白居易の周辺に流派が形成されており,方法論的反省を伴っていたと思われるが,詩法によって明確な流派を形成したのは,江西詩派が最初である。…

※「江西詩派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

江西詩派の関連キーワード瀛奎律髄江西派陳三立鄭孝胥陶淵明陳師道陳与義楊万里晁沖之諸家韓愈陸游曾幾方回蘇軾