コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江西詩派 こうせいしはJiang-xi-shi-pai

4件 の用語解説(江西詩派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江西詩派
こうせいしは
Jiang-xi-shi-pai

中国,宋代の詩壇の一派。北宋から南宋にかけて勢いを得たグループで,江西出身の黄庭堅の詩風を宗とする。南宋初めに呂本中 (りょほんちゅう) が『江西詩社宗派図』を著わしその系譜をまとめたが,必ずしも江西出身者ばかりから成るグループではない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうせい‐しは〔カウセイ‐〕【江西詩派】

中国、北宋末期から南宋にかけて栄えた詩人の一派。江西出身の黄庭堅を祖とする。杜甫の詩風を尊び、典故を取り入れ、精巧緻密(ちみつ)で、時に難解な詩を作った。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうせいしは【江西詩派 Jiāng xī shī pài】

中国,南宋時代に盛行した詩の流派。その名は,呂居仁(1084‐1145)が同時代の詩人25人を,黄庭堅の流派に系統づけた《江西詩社宗派図》に由来する。江西は黄庭堅の出身地。流派の人のすべてが江西出身者というわけではなく,詩風も一様ではないが,南宋の詩壇に及ぼした影響は大きい。流派の作品を集めて編された《江西宗派詩集》があったが,いまは伝わらない。宋詩【荒井 健】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうせいしは【江西詩派】

中国、宋の蘇軾の門下で、江西出身の黄庭堅を祖とする詩の一派。杜甫を尊び、陶淵明・韓愈など諸家の長所に学び斬新な詩風をうちたてた。陳師道・晁沖之ちようちゆうしらがいる。江西宗派。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の江西詩派の言及

【詩法】より

…《三体詩》は初歩的なアンソロジーであるが,実接,虚接などの詩法をあげ,実作を例示して作詩の入門書として便利であった。宋代にはまた黄庭堅が〈換骨奪胎〉〈点鉄成金〉という,古人の詩句を生かして新しい詩を創造する詩法を提唱,江西詩派を形成した。唐代にも韓愈(かんゆ)や白居易の周辺に流派が形成されており,方法論的反省を伴っていたと思われるが,詩法によって明確な流派を形成したのは,江西詩派が最初である。…

※「江西詩派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone