コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾我玉翁 そが ぎょくおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曾我玉翁 そが-ぎょくおう

?-? 江戸時代前期の画家。
寛永-明暦(1624-58)のころに活躍した曾我二直庵(にちょくあん)の子(または弟子とも)。父にまなび鷹(たか)の画を得意としたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

曾我玉翁の関連キーワード寛永コックスオスロアンヘレスコックスソテロ福島正則歌舞伎年代記佐渡金山東海道

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone