コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最上寿之 もがみひさゆき

2件 の用語解説(最上寿之の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

最上寿之【もがみひさゆき】

彫刻家。神奈川県生れ。東京芸大卒。1960年―1969年モダンアート協会に属する。1963年初個展。1969年サン・パウロビエンナーレ1979ART TODAYに出品。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

最上寿之 もがみ-ひさゆき

1936- 昭和後期-平成時代の彫刻家。
昭和11年3月3日生まれ。37年モダンアート協会会員。50年「コテンパン」で平櫛田中(ひらぐし-でんちゅう)賞。56年中原悌二郎賞優秀賞。同年武蔵野美大教授。作品にユーモアのある題名をつけ,石彫や木彫によるダイナミックな表現を展開。神奈川県出身。東京芸大卒。作品はほかに「トッピンシャン」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

最上寿之の関連キーワード江口週若林奮市村緑郎小田襄川崎普照柴田鋼造瀬戸剛空充秋戸津侃吉田鎮雄

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone