コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最上寿之 もがみひさゆき

2件 の用語解説(最上寿之の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

最上寿之【もがみひさゆき】

彫刻家。神奈川県生れ。東京芸大卒。1960年―1969年モダンアート協会に属する。1963年初個展。1969年サン・パウロビエンナーレ1979ART TODAYに出品。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

最上寿之 もがみ-ひさゆき

1936- 昭和後期-平成時代の彫刻家。
昭和11年3月3日生まれ。37年モダンアート協会会員。50年「コテンパン」で平櫛田中(ひらぐし-でんちゅう)賞。56年中原悌二郎賞優秀賞。同年武蔵野美大教授。作品にユーモアのある題名をつけ,石彫や木彫によるダイナミックな表現を展開。神奈川県出身。東京芸大卒。作品はほかに「トッピンシャン」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

最上寿之の関連キーワードグアンタナモ基地ダルビッシュ有貴ノ浪貞博パリ協定スズキ相良工場北上市の企業誘致県内の児童虐待などの現状検視と死因究明折尾土地区画整理事業外国人の介護福祉士

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone