最上寿之(読み)もがみひさゆき

  • 最上寿之 もがみ-ひさゆき

百科事典マイペディアの解説

彫刻家。神奈川県生れ。東京芸大卒。1960年―1969年モダンアート協会に属する。1963年初個展。1969年サン・パウロ・ビエンナーレ,1979年ART TODAYに出品。石彫木彫を主に手がける。《トンカラリン》といったタイトルと合わさったユーモアを感じさせる作品が多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1936- 昭和後期-平成時代の彫刻家。
昭和11年3月3日生まれ。37年モダンアート協会会員。50年「コテンパン」で平櫛田中(ひらぐし-でんちゅう)賞。56年中原悌二郎賞優秀賞。同年武蔵野美大教授。作品にユーモアのある題名をつけ,石彫や木彫によるダイナミックな表現を展開。神奈川県出身。東京芸大卒。作品はほかに「トッピンシャン」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

最上寿之の関連情報