コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最助法親王 さいじょほうしんのう

2件 の用語解説(最助法親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

最助法親王 さいじょほうしんのう

1253-1293 鎌倉時代,後嵯峨(ごさが)天皇の第12皇子。
建長5年生まれ。母は四条隆衡(たかひら)の娘,按察三位局(あぜちのさんみのつぼね)。前中納言吉田為経に養育される。文永2年三千院にはいって澄覚法親王の弟子となり,同年親王。弘安(こうあん)9年天台座主(ざす),のち四天王寺別当。正応(しょうおう)6年2月4日死去。41歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

最助法親王

没年:永仁1.2.4(1293.3.13)
生年:寛元3(1245)
鎌倉後期の天台宗僧。後嵯峨天皇の子。母は藤原隆衡の娘で按察三位局。後嵯峨天皇の命によって近臣吉田為経に養育され,弘安9(1286)年天台座主となった。梶井門跡を継ぐ伏見天皇の護持僧も勤めた。没年月日には異説がある。

(土谷恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最助法親王の関連キーワード仁治按察三位局愷子内親王後嵯峨院大納言典侍後嵯峨院中納言典侍勝助浄助法親王湛空源通子和気師成

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone