コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最助法親王 さいじょほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

最助法親王 さいじょほうしんのう

1253-1293 鎌倉時代,後嵯峨(ごさが)天皇の第12皇子。
建長5年生まれ。母は四条隆衡(たかひら)の娘,按察三位局(あぜちのさんみのつぼね)。前中納言吉田為経に養育される。文永2年三千院にはいって澄覚法親王の弟子となり,同年親王。弘安(こうあん)9年天台座主(ざす),のち四天王寺別当。正応(しょうおう)6年2月4日死去。41歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

最助法親王

没年:永仁1.2.4(1293.3.13)
生年:寛元3(1245)
鎌倉後期の天台宗僧。後嵯峨天皇の子。母は藤原隆衡の娘で按察三位局。後嵯峨天皇の命によって近臣吉田為経に養育され,弘安9(1286)年天台座主となった。梶井門跡を継ぐ。伏見天皇の護持僧も勤めた。没年月日には異説がある。

(土谷恵)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

最助法親王の関連キーワード平頼綱永仁マジャパイト王国ラデン・ビジャヤ東南アジア史(年表)ルブルック建長寺境内元の時代(年表)大休正念藤里町と引きこもり実態調査

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android