コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最大持続的漁獲量 さいだいじぞくてきぎょかくりょうmaximum sustainable yield

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

最大持続的漁獲量
さいだいじぞくてきぎょかくりょう
maximum sustainable yield

略称 MSY。ある海域における特定の生物,特に魚類を最適な密度に保つために漁業を調整し,期待できる自然増大量を漁獲量に転化することにより,永続的に最大の漁獲量を確保することを意味する。水産資源の保存に関する国際条約で,この概念が用いられる例が多い (1952年日米加北太平洋公海漁業条約,56年日ソ北西太平洋公海漁業条約など) 。一般的には,国連海洋法条約排他的経済水域制度において,沿岸国の漁業管轄権の行使の一環として,MSYを年々維持できるように沿岸国が総許容漁獲量,漁獲量の配分などを決定することになっている。しかし,最大持続的漁獲量の科学的決定に伴う困難は,国際紛争の根拠となる危険性をはらんでもいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

最大持続的漁獲量の関連キーワード漁業管理TAE制度タエ制度漁獲努力総量規制最大持続生産量漁業管理余剰原則漁業規制

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android