コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最大持続生産量 サイダイジゾクセイサンリョウ

2件 の用語解説(最大持続生産量の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さいだい‐じぞくせいさんりょう〔‐ヂゾクセイサンリヤウ〕【最大持続生産量】

生物資源を減少させず、持続的に得られる最大の収量。主にクジラ・魚類などの水産資源に関する漁獲基準の一。漁獲量と自然増との均衡がとれ、総量の減少無しに毎年漁獲可能な最大の量として定義される。持続可能最大収量最大維持可能漁獲量MSYmaximum sustainable yield)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

最大持続生産量【さいだいじぞくせいさんりょう】

魚資源は鉱物資源石油資源とは違って,毎年新しい個体が誕生する。この資源の増加分に当たる量だけを漁獲するのであれば,資源は常にもとの量を保ち,漁業者は毎年持続的に漁獲することができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の最大持続生産量の言及

【捕鯨】より


[資源管理]
 現在の資源管理では,各鯨種の系統群,資源量,再生産の3点を十分考慮したうえで捕獲枠の設定およびその他の規則(体長制限,漁期制限,授乳中の雌の捕獲禁止など)が鯨種・系統群別(マッコウクジラではさらに雌雄別)に実施されている。 1975年から実施の基本的管理方式は,資源の最大持続生産量(MSY)を基準とした〈三分類管理方式〉と呼ばれるものである。この方式は生物資源の復元力を利用したもので,各鯨種資源(系統群別)を持続生産量((加入率-自然死亡率)×資源量)が最大になる資源水準(MSY水準)に近づけるように捕獲枠が規定される。…

※「最大持続生産量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

最大持続生産量の関連キーワード水産研究所水産資源水産基本法漁獲禁漁商業捕鯨モラトリアム相川広秋檜山義夫水産資源学天然の富と資源に対する恒久主権に関する決議

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone