コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

せめて セメテ

デジタル大辞泉の解説

せめ‐て

[副]《動詞「責(せ)める」の連用形に助詞「て」の付いたもの》
不満足ながら、これだけは実現させたいという最低限の願望を表す。少なくとも。十分ではないが、これだけでも。「せめて声だけでも聞きたい」「せめて10歳若ければなあ」
しいて。無理に。
「霧ひとへ隔たれるやうに透きて見え給ふを、―絶え間に見奉れば」〈更級
痛切に。切実に。
「このことの―あはれに悲しう侍りしかば」〈大鏡・時平〉
非常に。きわめて。
「高麗の紙の薄様だちたるが、―なまめかしきを」〈・梅枝〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せめて

( 副 )
それで満足というわけではないが、最小限これだけでもという話し手の気持ちを表す。少なくとも。 「 -姿だけでも見たいものだ」 「 -入賞くらいはしたい」
しいて。痛切に。 「いと-恋しき時は/古今 恋二
しきりに。また、熱心に。 「人やあるともおぼしたらで、-弾き給ふを/大鏡 昔物語
なおも続けて。 「世の中いとわづらはしく、はしたなき事のみまされば、-知らず顔にあり経ても/源氏 須磨
非常に。たいへん。 「このことの-あはれに悲しう侍りしかば/大鏡 時平
せいぜい。たかだか。 「鹿を狩り、鷹を使ふことは、-世俗のわざなれば、言ふに足らず/太平記 20」 〔動詞「責める」の連用形に助詞「て」の付いた語。本来相手に心理的に詰め寄るさま、対象が自分の心に迫るさまを表し が原義。のち程度を表す用法 でも用いられ、希望の表現を伴って の用法が生じた〕
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

せめての関連キーワード岡本 一寸平夜の衣を返す不幸中の幸いぶつかり稽古骨髄を砕く少なくともせめての事死なず甲斐せめては衣を返すこしめす罪滅ぼしせめても万分の一とみない入り米口塞ぎ晴るく絶え間をだに

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

せめての関連情報