侏儒/朱儒(読み)シュジュ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐じゅ【×侏儒/朱儒】

背丈が並み外れて低い人。こびと。
見識のない人をあざけっていう語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅじゅ【侏儒】

こびと。一寸法師。
見識のない人をののしっていう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の侏儒/朱儒の言及

【小人】より

…侏儒ともいう。世界各地の神話や民間伝承に登場する,異常に小さな体をもち,そのためにかえって超人的な霊能を発揮するとされる存在。…

【侏儒舞】より

…平安時代に存在した小人の舞。侏儒とは小人の意。〈ひきひとまい〉ともいう。…

【侏儒舞】より

…平安時代に存在した小人の舞。侏儒とは小人の意。〈ひきひとまい〉ともいう。…

【侏儒舞】より

…平安時代に存在した小人の舞。侏儒とは小人の意。〈ひきひとまい〉ともいう。…

※「侏儒/朱儒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android