コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有井庄司 ありいのしょうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有井庄司 ありいのしょうじ

?-? 鎌倉-南北朝時代の荘官。
土佐(高知県)幡多郡有井川村の庄司。正慶(しょうきょう)元=元弘(げんこう)2年(1332)後醍醐(ごだいご)天皇の隠岐(おき)への配流にともなって第1皇子の尊良(たかよし)親王が幡多にうつされたとき,御所をたてるなど親王につくした。庄司が没したとき,親王から石塔がおくられた。名は豊高。通称は三郎左衛門

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone